トップページ  >  柔道整復師

柔道整復師


柔道整復師は骨折、捻挫、打撲をした人にテーピングやギブスなどの施術をして治癒を目指す人です。
医師の指示がなくとも手当てができ、投薬や手術を行わず日常生活に支障が出ないようにサポートする役目があります。
働く場所は整骨院や整体院、介護施設、スポーツ施設、スポーツトレーナー、病院勤務、教育者、独立開業など幅広くあります。
美容面でも需要が高まってきているため女性の柔道整復師も活躍しています。
もむ、叩く、震わす、押すといった刺激を与える手技をはじめ、運動療法といったストレッチ、低周波や超音波などの器具を使い回復を早めていきます。
脱臼や骨折をした部位にギブスや合成樹脂、包帯、三角筋などを使って固定をする業務もあります。
外傷性が明らかな場合の施術に限り、健康保険による医療扶助や労災保険、健康保険の適用になります。
人体の構造を理解するのはもちろん、手や足を持ちあげたりするため体力勝負と言える職業です。
柔道整復師は豊富な経験と知識が重要視されますが、患者の年齢も高齢者から幼児まで幅広いため、思いやりの心と対話力が求められます。
他にテーピングといった作業もあるため手先が器用な人が向いているでしょう。
資格は高校を卒業後、厚生労働省認可の専門養育施設を卒業、または文部科学省指定の大学卒業後、国家資格を受け合格した者に免許が与えられます。

 
 
柔道整復師