トップページ  >  内装関連

内装関連


「内装関連」には建築の最終工程である内装の仕上げを行ういわゆる「内装工」と呼ばれる職方が含まれます。内装工には細かく分けて「床仕上工」「鋼製下地組立工」「ボード張り工」「壁装工」などがあり、各分野の専門知識を有します。というのも、内装仕上げに用いられる材料は、寸法・色調・デザインなど、材料メーカー独自のものが多く、用途によって非常に多様なのです。そのため、内装仕上げに従事する内装工の仕事は多くの専門領域に分類されているというわけです。
内装工は、建物の出来栄え・見栄えを大きく左右する重要な役割を担います。未経験から始められ、特に資格などは必要ありません。内装工事専門の会社やインテリア関連の会社などに就職し、経験を積むのが一般的とされています。職業訓練校などで知識や技能を学ぶことも可能ですので、そのような経験は就職の時に有利になる事があります。
大工や左官工などの昔から存在する職人とは違い、一人前と呼ばれる前にそれほどの年月を要しません。そのため比較的若い年齢でも独立できる事が特徴です。

 
 
内装関連