トップページ  >  溶接工

溶接工


「溶接工」とはビル・橋・ダムをはじめとする鉄骨構造物を建設する際に、金属材料接合「溶接」を行う職方のこと。
鉄骨構造物の建設以外にも、造船、自動車、車両、重電機、一般機械、圧力容器などの「製造業」でも必要不可欠な存在で、そのため職場は広範囲に多くあります。
溶接工は緻密でかつ正確な仕事が求められることに加えて、多くの現場では不自然な姿勢で作業をする事が多い事が現状です。集中力に自信のある方や、健康管理に日頃から気を配れることは大切になってきます。そこをクリアすると、安定して長く続けることの出来る職種のひとつです。
溶接の方法には大きく分けて「アーク溶接」「ガス溶接」があります。「アーク溶接」とは建築物、建設機械などあらゆる金属構造物にごく一般的に使われているもの。母材は鉄鋼が多いですが、アルミやチタンなどほかの金属にも頻繁に利用されています。「ガス溶接」とは可燃性ガスと酸素が結び付き、燃焼する際に発生する熱を利用して金属の接合を行う方法です。このいずれも日本溶接協会主催の「溶接免許」の「アーク溶接(A)」「半自動溶接(SA)」の所持が必須となります。
さらに、今注目されているAW検定協議会主催の「AW工場溶接免許」と「AW現場溶接免許」を取得していることで求人応募の際に有利になったり、仕事の依頼が増えたりする可能性があります。

 
 
溶接工