トップページ  >  建築管理

建築管理


「建築管理」とは正式名称を「建築施工管理技士」と言い、「1級建築施工管理技士」「2級建築施工管理技士」いずれかの資格取得が必要です。仕事内容としては、鉄筋工事や大工工事、内装仕上げ工事など建築工事の施工計画を作成し、現場での工程管理や品質管理・安全管理などの面で指導監督的立場に立って、建築物の質的な向上を支えること。
ここ数年、建設工事の円滑な施工と工事完成品の質的水準の確保を図る上で、建築施工管理技士のニーズは増加しており、一方でその技術力の向上が課題とされてきました。そのため、現在は建設業法第27条に基づく技術検定を実施しており、国土交通大臣から指定試験機関の指定を受けている一般財団法人建設業振興基金は「建築施工管理技術検定試験」や「電気工事施工管理技術検定試験」を実施しており、より良い人材の育成に力を注いでいます。
また、現場監督者にとって「1級建築施工管理技士」を取得することは安全面や予算的なことも含め、現場管理に必要な知識と判断力の証しとなります。工事を請け負う企業にとっては、建築施工管理技士の数はそのまま施工技術力の証明であり、公共工事では取得者が多ければそれだけ入札も有利になります。

 
 
建築管理