トップページ  >  仕事探しをより充実したものに!注目の特集ページ >  求人ドットコムからお仕事探し >  充実待遇!ビギナー必見!その詳細おしえます!

昇給、賞与ってなに?

昇給には『定期昇給』と『ベースアップ』の2種類があります。そもそも昇給とは定期給与額があがることを意味します
(定期給与でないボーナスは、昇給の中に含まれません)。ではこの『定期昇給』と『ベースアップ』はどのような違いが
あるのでしょうか。『定期昇給』は、年功序列や人事考課など、社員の技能や状況に応じて変わるもので、あくまでも
個人が対象になります。一方『ベースアップ』は、社員全員が対象。基本給与額そのものが底上げされる仕組みです。
「昇給」と表記のある場合は、多くが『定期昇給』『ベースアップ』の両方を指しますが、「昇給随時」の場合はその都度
状況に応じて昇給があるということ。「昇給年1回」など、具体的な表記がある場合はそれに従います。


賞与はいわゆる『ボーナス』で、別途支給される給与のことです(夏季・年末年始に多く見られます)。
賞与の金額に関して特に定めはなく、有無に関しても企業・店舗の業績に応じて変動することがあります。
基本給に加えて『昇給・賞与』があることで、仕事に対するモチベーションも上がって、
より充実感を得ながら仕事に取り組めるかもしれませんね!

手当ってなに?

手当の内容は業態や職種により異なりますが、『時間帯手当』や『資格手当』などは職種問わず
採用している企業・店舗が多くみられます。そもそも手当とは基本給に追加して支払われる諸経費の賃金のこと。
つまり『手当』の制度を採用している企業・店舗で働くということは、基本給以上の収入を得ることが出来るということ!
とはいえ、手当は先述のように、特別な資格・技能を持った人などが該当する『資格手当て』や
特殊な労働時間での勤務の『時間帯手当』など、特殊な条件に当てて支払われる事が原則。
「なんだ、私は該当しないのか…」というあなたも肩を落とすのは早いですよ!
仕事を通して資格取得支援を行う企業・店舗などで資格を取得後、その能力に応じた手当を支給されることもありますし、
多くの場合は、働くあなたのやる気や頑張りを後押しする内容のもの。スキルアップのチャンスなのです!
既に該当する条件や資格・スキルを持っている人は『手当』を元に求人情報を検索することで、
より良い待遇の企業・店舗を見つけることが出来るかもしれませんね。

社会保険にもいろいろあるの?

正社員は『社会保険』への加入を義務付けられています。正社員以外の労働者の場合は加入義務が無いかというと、
正社員の3/4以上の勤務時間、及び1ヶ月の勤務日数で加入義務が発生します。社会保険料は会社と個人で折半し、
毎月の給与から天引きされる仕組みになっています(金額は労働者の給与収入によって異なります)。
また、『社会保険』とは一般的に『健康保険』と『厚生年金保険』の総称とされていることがほとんどです。


・『健康保険』は、民間企業労働者に適応される『健康保険』と、その対象ではない『国民健康保険』の2種類があります。
『健康保険』にはどのような役割があるかというと、例えば加入者が業務・通勤上以外の事情で疾病・負傷・休業・分娩・死亡
などした場合、保険料が給付されるという仕組みになっています。いざという時の心強い味方ですね。


・『厚生年金保険』にはどのような役割があるかというと、例えば加入者が何らかの事情で労働出来なくなった場合に、
収入面で困らないように、老齢年金、障害年金、遺族年金が支払われる仕組みになっています。
基本的に民間企業労働者が加入する制度で、民間企業労働者以外の場合は『国民年金』への加入手続きが必要になります。

給料歩合制って?

求人情報で多く見かける『月給』『日給』『時給』といった表記の給与形態を『固定給』(時間規定で変動しない)と
呼ぶ一方で、業績によって上下・変動する給与形態を『給与歩合制』と呼びます。
エステやリラクゼーション、ヘアサロン、運送業といった個人の技量が目立つ職種でよく見られる給与形態です。
スキルをはじめ、勤務日数や労働時間、職場の仕事回りによっては収入額が変わるため、
安定しにくい側面はあるものの、勤務時間に融通が効いたり、がんばった分だけ結果につながるので、
仕事にやりがいを持って取り組めるというメリットがあります。
他にも気になるコンテンツをチェック
お仕事イロイロ!充実ネットワーク!はこちら
気になる仕事を見つけたらさっそく応募!はこちら
いよいよ面接!準備ハウツー♪はこちら
充実待遇!ビギナー必見!その詳細おしえます!