トップページ  >  歯科技工士

歯科技工士


歯科技工士とは歯科医療の医療専門技術職です。歯科医師の指示書にしたがい、高度な精密技巧技術で患者の歯の詰め物、歯のかぶせ物、入れ歯、矯正装置などの修理や加工、作成をします。患者ごとの歯の形や色などの特徴を把握するために繊細で審美感覚を求められることになります。歯科技工士とは、歯科医師の指示書にしたがい、高度な精密技巧技術で患者の歯の詰め物、歯のかぶせ物、入れ歯、矯正装置などの修理や加工、作成をします。
患者ごとの歯の形や色などの特徴を把握するために繊細で審美感覚を求められることになります。
歯科技工士が主に作成するものは、
歯全体に人工の冠(クラウン)をかぶせて歯の機能を改善します。一般的に銀歯と呼ばれる「クラウン(歯のかぶせ物)」。
歯がないところへ本来の機能を回復するために、残っている歯に橋脚の役割をさせているところへ橋(ブリッジ)のようにつなぐ「ブリッジ」。
歯が1本もなくなった時につくる「総義歯(入れ歯)」。
失った歯の部分に残った歯や顎を支えに、歯の機能を回復して形も整える「局部義歯(部分入れ歯)」。
顎の骨に支柱を立てて、それを支えに歯の機能回復する「インプラント」。
顎の位置がズレたり歯並びが悪い場合に、最適な位置にするために取り付ける「矯正装置」。
スポーツをしているときに口の中がケガをしないように装着する「マウスガード」。
歯の治療は、こうした歯科技工物がないと元の状態に回復させるのが難しいケースもあり
歯科医師のパートナーとして欠かせない国家資格者となっています。
就職先もいろいろあり、多くの方は技工物の製作を専門に行っている歯科技工所。
患者の声や意見を聞ける歯科医院内の技工室で働き専門知識を生かせる歯科材料メーカー、
教育に携わりたい方は歯科技工士教育機関に勤務される方もいます。
歯科技工士は独立開業が認められていますので、キャリアを積んだ先には独立して会社を持つことも夢ではありません。

 
 
歯科技工士