トップページ  >  看護助手

看護助手


看護助手とは、資格はなくても医療の現場で患者さんのお世話をする職業のこと。
介助やベッドシーツの交換、食事の配膳、着替えなど看護師をサポートするため医療の現場では欠かせない存在となっています。
看護助手は看護師のサポート役ですので医療行為に携わることはできません。
ですが、食事、入浴介助やトイレの付き添いなど患者さんに触れる機会は多くなります。
医師や看護師が治療に専念できるようサポートする役目ですので、排せつの処理、入浴の介助、カルテの事務作業や医療器具の清掃、院内の点検もあります。
働き先は入院環境が整っている病院や介護施設があり未経験でも就職可能です。
業務を通じて医療の知識も身につき、やりがいある職業といえます。
勤務体制は通常日勤のほかに早出、遅出、準夜勤、深夜勤と職員の人数によりローテーションで割り当てられます。
シフト制、交替制の職場が多いため、土日出勤が基本になります。
看護師よりも敷居が低く働きやすいので、職場復帰しやすい職業です。
ですが医療機関は命にかかわる現場ですので、やはり責任感ある人が求められます。
患者さんや医師、看護師といった人と関わりますのでコミュニケーション能力も必要です。
多くの人とやり取りをする中、常に成長したいと感じている方には向いています。
不安な方は、全国医療福祉教育協会認定の「看護助手実務能力認定試験」といった民間資格も存在します。

 
 
看護助手