トップページ  >  保健師

保健師


保健師とは乳幼児から高齢者まで性別を問わず、個人の健康相談や生活改善のためアドバイスをしていく人です。
福祉・医療の現場はもちろん地域と連携をはかりながら、住民と一緒に病気の予防や健康維持を支援しています。
保健師の仕事内容は、健康診断、育児相談、定期的な家庭訪問、集団検診、メンタル面の相談、生活集団指導、寝たきりの住宅療養者支援など幅広くあります。
妊婦や乳幼児、成人、高齢者、障害者など幅広い世代を対象としています。
7割の保健師が全国の保健所、保健センターに配属されています。
他に健康保険組合で職員の健康管理をしている場合や、学校保健師といって私立中学、高校、専門学校、大学に勤めるケースもあります。
病院保健師も存在し健康診断や健康相談をしながら、通常の看護師業務を併用することもあります。
社会を看護する役割といえますので、保健師みずから地域に出向き支援をしていきます。
健康に不安がある方を指導する立場のため、状況判断が高い人、応用力のある人が向いています。
人に優しくでき相談者と同じ目線で耳を傾け包容力がある保健師が最適と言えます。
保健師は健康な地域作りを目指し、住民の健康維持や健康を把握し、これらの問題を解決するため地域に密着しています。
・高齢者の健康維持であれば介護施設
・若い人に力をいれたいのであれば学校
・企業であれば産業保健師として社員の健康管理
と希望に応じた勤務先を選ぶこともできます。

安定率が高く長期間勤められる部分で人気がある職業と言えます。
看護師の資格をとることが義務になりますので、保健師資格のみを取得することはできません。
看護師と保健師の国家資格に合格した方が「保健師」として認められる職業です。

 
 
保健師