トップページ  >  生活相談員

生活相談員


生活相談員は様々な相談事を受け、解決に向けてサポートをしていく仕事です。介護施設には配置義務がありますし、デイサービスなどについては配置義務があります。生活相談員の仕事は相談をうけるだけではなく、様々な付随業務があり、施設の中心的な存在となっている場合が多いです。
生活相談員の仕事は、生活相談を中心に、新規の受け入れ調整や契約業務、送迎、介護保険請求など、非常に多岐に渡ります。生活相談員が働く場所としては事務所が中心です。事務所の中で現場と事務所を繋ぐ重要な役割を担っていることがほとんどであり、現場からも頼られます。事務所の職員からも頼られて、施設の中心的な存在となっています。
また、利用者の家族からも「お世話になっている介護職員には直接言えないけど、聞いてほしい」と相談を受けることが多く、家族からしても生活相談員は頼りになる存在です。
生活相談員という資格はなくあくまでも職種です。しかし、生活相談員として働いている方はなんらかの資格を取得しています。例えば、社会福祉士や介護支援専門員、社会福祉主事などを取得している方が多いです。施設によっては、より高い専門性を持った職員を配置しようと、社会福祉士限定で募集をしているところもありますので注意しましょう。
人と話すことが好き、悩みを聞いて楽になってもらいたいと考える方は生活相談員に向いているといえます。

 
 
生活相談員