トップページ  >  医療ソーシャルワーカー(MSW)

医療ソーシャルワーカー(MSW)


医療ソーシャルワーカー(MSW)とは、保健医療分野における社会福祉士(ソーシャルワーカー)のことをいいます。患者さんやご家族の抱える課題やニーズを的確に把握し、解決を図るために関係機関と連携を行う仕事です。
医療ソーシャルワーカーは、社会福祉士という国家資格の有資格者です。主に医療機関内の地域連携室や地域相談室と呼ばれる部署で、入院相談や退院支援の役割を担います。患者さんは生活者であり、いずれは地域へ戻って暮らしていきます。生活者である視点を忘れずに、療養中の心理的・社会的課題の解決に向けて、支援が開始されます。つまり、医療ソーシャルワーカーは、病院と地域の架け橋のような存在ですね。
退院支援であれば、退院後に必要な医療・介護サービスなどの調整が主な仕事内容です。サービス導入に向けて、各関係機関と連絡・調整し、患者さんがスムーズに退院できるようサポートしていきます。
また、身体的・心理的な側面に限らず、経済的な課題の解決や調整も行います。医療費や生活費に悩んでいる患者さんがいれば、各関係機関と連携を図りながら、福祉の支援や制度を活用して、不安を解消できるようサポートします。
病気のことは医師や看護師に尋ねれば解決しますが、「病気になった後の生活」は、誰に尋ねて良いかわからないですよね。そんな時に頼りになるのが医療ソーシャルワーカーです。漠然とした不安を抱えている患者さんに寄り添って、不安を1つずつ解決していきます。いわゆる患者さんの代弁者のような存在ですので、困った時は頼りになります。
また、所属する医療機関によっては、小児から高齢者まで幅広い分野を取り扱う場合もあります。幅広い知識が必要ですが、とてもやりがいのある仕事です。

 
 
医療ソーシャルワーカー(MSW)