トップページ  >  精神保健福祉士(PSW)

精神保健福祉士(PSW)


精神保健福祉士(PSW)とは、精神保健福祉領域のソーシャルワーカー(社会福祉士)です。心の病気や障害を抱えた精神障害者が、安心して暮らせるよう生活問題や社会問題の解決のために支援を行います。
精神保健福祉士(PSW)とは、国家資格であり、精神保健福祉領域専門のソーシャルワーカー(社会福祉士)のことをいいます。活躍の場は多岐にわたり、医療機関や障害福祉サービスなどの事業所、福祉行政機関、司法施設などで、心の病気や障害に悩む人々の不安を解消できるよう、支援していきます。支援内容は、主に社会復帰の助言や相談、訓練、指導、サービスの調整などです。身体的・心理的・社会的課題やニーズを把握するために、精神障害者とご家族に寄り添いながら支援をしていきます。
例えば、精神科の医療現場では、入院の相談から初回の面談、療養中の課題解決、退院支援、退院後のフォローについてトータルでサポートするのが特徴です。精神障害者とご家族を取り巻く環境を把握し、退院後の生活が困らないよう必要な支援やサービスを選定します。精神科の医療現場では、入院が長期にわたる患者さんや再入院を繰り返す患者さんが多くいます。複雑な生活環境で十分なサポートが得られない患者さんもいます。だからこそ、地域で生活をしていくために必要なトータルサポートをしてくれる精神保健福祉士の仕事は重要な役割を担っています。精神障害者が、社会で暮らしやすいよう地域とつなぐ役割も担っているんですよ。
精神障害者に対する社会や地域のサポートは、十分とは言えません。生きづらさを感じている人々も多いでしょう。だからこそ、社会にも働きかける精神保健福祉士は、精神障害者とともに、環境が少しでも改善すればやりがいにつながります。精神障害者の笑顔が少しでも増えるよう、心に寄り添いながら支援をする楽しさがあります。

 
 
精神保健福祉士(PSW)