トップページ  >  福祉用具専門相談員

福祉用具専門相談員


福祉用具専門相談員は福祉用具を専門とした相談員です。福祉用具は様々な商品が開発されており、導入には専門的な知識が必要です。高齢者に安全に快適な福祉用具を使ってもらうためには欠かせない職種であるといえます。
福祉用具専門相談員は福祉用具業者に配置義務があり、最低でも2名以上はおかなければいけない決まりがあります。福祉用具専門相談員を取得するためには、講習を受ける必要がありますが、介護福祉士や社会福祉士を取得している方は自動的に福祉用具専門相談員を兼ねていると解釈されます。
また、働ている方の特徴として男性が非常に多いというものがあります。その理由としては、やはり福祉用具を設置する場合には重たいものを持ちますし、工具などを使って配置することがあるからです。もちろん女性の方も働いていますが、介護業界には珍しいほど男性が多いのです。
仕事のほとんどはケアマネジャーからの依頼が多く、ケアマネジャーとの信頼関係も日ごろから作っておく必要があり、営業職としての側面もあるといえます。
今まで歩けなかった人が手すりを付けるだけで歩けるようになった、家の段差を解消するだけで介護がしやすくなったといったように利用者本人や家族からも喜ばれる仕事ですので、やりがいを持って働ける仕事です。

 
 
福祉用具専門相談員